登録だけで貰える総額5万円以上の入金不要ボーナスはこちら

ドリームカジノ閉鎖と運営者逮捕事件に見る、悪質で危ないオンラインカジノの見分け方

お勧め記事!/人気記事

こんにちは、やんこんです。
今回の記事はオンラインカジノを始めて3年以内のプレーヤーに特に見てほしい記事です。

2016年6月10日、ソフトウェア、プレイテックがメインだったカジノ、ドリームカジノが何の前触れもなく突如閉鎖されました。
実は私もこのカジノに登録していました。
想像してみてください。
もし残高を残しているカジノが、朝起きたらログインできなくなっていることを。

サイトすら閉鎖されていることを・・
考えただけで、ぞっとします(汗)
さらには後々パイザカジノとカリビアンカジノが絡んできます。

ドリームカジノが逮捕された理由と未払い金

運営者5人が逮捕

インターネットのオンラインカジノサイトを運営し客と賭博したとして、京都府警は10日、常習賭博容疑で、大阪市中央区本町橋の会社役員、坂〇〇〇容疑者(39)ら実質運営者5人を逮捕したと発表した。府警によると、坂〇容疑者は「逮捕事実には誤りがある」などと容疑を否認している。無店舗型オンラインカジノの運営者が逮捕されるのは全国初という。
 逮捕容疑は、共謀し、大阪市天王寺区に事務所を設けオンラインカジノ「ドリームカジノ」を運営し、平成25年12月~今年3月、サイト上で複数回にわたり不特定多数の客を相手に、ポーカーの賭博をしたとしている。
 ドリームカジノは24年11月にオープンしたとみられ、会員数は約9500人、賭け金の総額は約19億2600万円に上るという。
 ドリームカジノは、カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとサイト上に記載していたが、サポートは日本語のみで行われていたことなどから、府警は国内で運営されていると判断した。

引用元 産経WEST

キュラソーライセンスと書いていながら、実質大阪で運営していたとされています。
2人を常習賭博、他2人を常習賭博補助で起訴、1人は起訴猶予となった。
その後判決で、1番重い人で懲役3年執行猶予4年、750万円没収。

実店舗の裏カジノも運営

産経WESTによると、裏カジノも運営していたようですね。
裏カジノとはいわゆる、ものまねの人とか、バドミントンの人で話題になったやつです^^;

暴力団に資金が流れていた

ドリームカジノや実店舗の売り上げは、暴力団に流れていたと言われています。
自身もドリームカジノで遊んでしまった以上、反社にお金が流れたことになります(汗)

プレーヤーは逮捕された?

プレーヤーに逮捕者は出ていませんが、数人は警察から連絡が入りプレーについて注意を受けたようです。
プレーヤーの登録情報はすべて警察にわたってしまったということになります。

未払い金はどうなった?

ドリームカジノが閉鎖後、1年以上経過してからカリビアンカジノが手を上げ、
返金が開始されました。

ドリームカジノとカリビアンカジノやパイザカジノはつながってる?

私の記憶では、ドリームカジノ閉鎖後メールが来て、「未払い金は必ず支払いを行います」的なことが書いてあったと記憶しているので、そう意味では誠意はみせた形でしょうか?
手続きの手順として、「カリビアンカジノのアカウントを作る」というのが引っかかりますが・・・
諦めていた人にとってはカリビアンカジノに救われた形になりました。

メールには続きがありました。
「お詫びに新しいカジノを紹介します。○○$プレゼントします。名前はパイザカジノです。勝手ながらお客様の情報を移行させていただきました。」
驚きました・・・^^;
ここで誰もが色々な疑問を感じます。
これはお詫びなの?アフィリエイト目的なの?それともつながってるの?
ドリームの一部の人がパイザにいるのではないかなど、絶えず噂はあります。
しかし、2つのカジノがドリームカジノとつながってるか、真実はわかりません。

当サイトではパイザカジノもカリビアンカジノも紹介しておりませんが、
現在は2つのカジノとも多くのプレーヤーがおり、 実際、現時点で大きなトラブルも報告されていません。
パイザカジノに関しては、ゲームの種類が豊富なことや、コンプポイント、VIPの待遇がいいことから、ハイローラーやテーブルゲームメインのプレーヤーに人気のカジノです。
そして、この2つのカジノを紹介している カジノ紹介サイトも たくさんあります。

危ないオンラインカジノの見分け方

誇大広告と極端なキャンペーン

□やたらと「勝てる」を謳っているカジノ。
「〇千万円分プレゼント」「○億円キャンペーン」、または50万、100万など高額入金させるための極端なキャンペーンなどは個人的に、からくり含め注意しています。

掲示板の評判が悪い

ボーナス規約も読まずに、勝利金を没収されて腹いせに書きこんでいたり、
実際の信憑性は薄い内容もありますが、出金関係の書き込みが多い場合や、同じ内容を何人もの人が書き込んでる時は注意が必要です。

出金が徐々に遅れだす

ドリームカジノは逮捕という結末ですが、不払い、未払いで潰れたカジノはたくさんあります。
資金が追いついてないということです。


これはどんな企業でも同じですね。
筆者は自営業ですが、過去2回売掛金を残したまま取引先に飛ばれてます^^;
1社は「まさかここが・・」と思うほど有名企業です。
2社に共通して言えるのは、仕事はどんどん来るけど、支払いが徐々に遅れる状況でした。
支払いが少しずつ遅れだしたら黄色信号と思って一旦入金を控えましょう。

まとめ

SNSでよく話題に出るカジノ、ユーチューバーが紹介しているカジノが安心とは限りません。

私は当時初心者で、自分で安全なカジノを見抜く自身がなかったので、当時から一番利用していた必勝カジノオンラインZさんが紹介しているカジノだけを登録しようと決めていました。

そんな時、SNS、アメブロでドリームカジノがやたらと話題に上がり盛り上がっていたのです
必勝カジノオンラインZさんでは紹介していないカジノだったにもかかわらず、誘惑に負けて登録してしまいました。
結果このような結末です。

私のような失敗をしないためにも、まずは気になっているカジノについて調べてみましょう。「絶対」はなくても勢いで登録するよりは遥かに失敗する可能性は減ります。

またテーブルゲームメインの人は、残高が少しずつ増えていくためその都度出金しない傾向にあります。徐々に増えていく残高を見るのも楽しいのもよくわかります^^;
でもなにかあってからでは遅いので、定期的引き出すことをおすすめします。



業界一のリベートカジノ

最大3.2%業界一のキャッシュリベート

当サイトからギャンボラカジノに登録するだけで

30ドルが貰えます♬
しかも掛け条件7倍!!



「当サイト限定」入金不要ボーナス40$自動付与
カジ旅公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました