運営について

カジノダイアリーの運営について

カジノダイアリーは2019年よりCatena Media PLCが運営を行ってい必勝カジノオンラインZさんとパートナーシップを結んで運営しています。

記事はすべてやんこんが執筆しております。

※カテナメディアはマルタ共和国にあるナスダック上場企業です。
支社はイギリス、オーストラリア、アメリカ、スウェーデン、他。
よって各国の法律を遵守して運営をしています。

当サイトから登録したプレーヤーのメリット

他では貰えないボーナスプロモーション

当サイトを見て頂いている方や登録して頂いている方はお気づきと思いますが、カジノダイアリーが紹介するカジノの入金不要ボーナス等は個人のアフィリエイターよりとてもお得です!

これは個人運営では実現できないため、プレーヤーにもメリットになります。

完全なバックアップ体制

もちろんプレーヤーが悪くない案件に限りますが、スムーズなトラブル対応はプレーヤーにとって最も大きな安心材料です。

正直な話し、個人運営や個人のアフィリエイターではカジノサイドに一切相手にされないことがあります。

具体的に実際あったお話ですが、
以前ある件でカジノとやりとりしていた際、メールの返事は遅いし返ってきても1日1回、何を訴えてもコピーペーストの答えしか返ってこない。それを3往復くらいしてイライラしていましたが、こちらが大手だとわかった途端30分で返信がきて即解決したことがあります。

大手とパートナーシップを結ぶということ

安心して遊べるカジノを紹介する

カジノを紹介する前に、そのカジノが安心安全か、きちんとライセンスを取っているか、使いやすさ、メールのレスポンス、チャット対応など調べるわけですが個人運営や個人のアフィリエイターでは正直限界があります。
またTwitterなどSNSのみで活動している個人アフィリエイターは新しいカジノをより早く紹介しないと、他で登録されてしまうためスピード勝負になっています。よってほとんど調べもせずボーナスの交渉だけしてすぐ紹介しているケースが多くあります。

必勝カジノオンラインZCatena Media PLCとパートナーシップを結んで運営することで
より安全なカジノを紹介することができます。

以下必勝カジノオンラインZさん引用

1.各国の法律を遵守する
日本の法律が変わりブラックマーケットになったら日本市場からは即時撤退しなければなりませんが、そうならないために尽力を惜しみません!政治家に会うとか生まれて初めての経験でスーツ引っ張りださなくちゃとか思ってるけど、プレイヤーを代表してしっかり陳情してきます!

2.アングラカジノとは付き合わない
また最近はロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシア系企業が運営するカジノも対象となりました。最近掲載を取り下げた某カジノもトラブルがあったわけではありません。運営がロシアだったため掲載を取りやめました。実は近々もう1社取り下げます。これも大きい会社ゆえの判断です。このように付き合うカジノを厳選している反面、必勝Zで紹介しているカジノはプレイヤー的にも政治的にも安心と判断できる材料のひとつになるかと思います。

3.嘘偽りないページ作成
税金ページには掲載許可をいただいたので監修してくださった税理士の先生が載っています。それ以外のページでも弁護士さんや有識者の監修を受けているページが多数あります。カジノ側の変更などでレビューページの改修が遅くて古い情報が載っているのもあるので、それはほんとゴメンって思っていますが、基本的に大切なページ(特に法律や税金など)は専門家に監修をしてもらっているので安心してください。必勝Zはwikiがあるような日本で一番大きい弁護士事務所とお付き合いしています。
ついでにいつも癒着だ忖度だって言われるカジノランキングですが、これもハッキリと癒着も忖度もない、みんなの投票で決まっていることを改めて申し上げておきます!!!嘘を発信してたら上場企業としてやっていけません。

タイトルとURLをコピーしました